リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/01/15 (Tue) 6、70歳になってまで音楽なんて演ってないだろう。

昨日、八尾ナッシュビルさんの恒例行事に初参加させていただき、先輩方の演奏に胸を打たれた次第です。

ボクよりも年上の方々と御一緒する機会などなかったのですが、ナッシュビルさんに御世話になりできた機会、それまでは、どこのお店に伺いましてもボクが歳上となりました。

歳上となっても、ライヴ経験は若い方々の方が長く、先輩面することも、尊敬されることもなく、況してやボクのやっている音楽では尚更尊敬されることなく。

居心地の悪い世界

でした。

それが、後輩なると、中途半端な先輩でなくなるのです。

清々しい。

そこでタイトルの話になります。
いつか先輩たちは、筆を置くのです、置かない人もいるでしょう。
先輩たちはボクより先にこの世を去り亡くなるのです。どちらにせよボクは先輩を失うのです。
なんて、失礼な話でしょう。

ボクが先輩になるコトはありません。

スポンサーサイト

のほほんにっき | trackback(0) | comment(0) |


<<*ヒガシマルちょっとぞうすいの作り方に気になる一行を発見しました。 | TOP | 八尾ゴジラ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://fukucg.blog9.fc2.com/tb.php/1330-58754f54

| TOP |

プロフィール

moogpit

Author:moogpit
アコーディオンを弾き、さびしい歌をうたいます。 どうぞよろしく。 HP http://moogpit.web.fc2.com/

twitter

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。